2014年5月18日日曜日

StyleCopの設定 SA1650。

オフィス狛 技術部です。

弊社では、C#でプログラミングする際は、必ず StyleCop を利用しています。

StyleCop は、C#のコーディング内容をチェックするツールです。
インストールはNuGetのパッケージ管理で行っているので、下記などを参照下さい。

StyleCopインストール手順メモ

今回は、使い方の説明ではなく、日本語特有の問題についての解決方法です。

「StyleCopのインストール」というサイトにもある通り、
SA16xx系は、日本語環境では実用的では無いので、無効にする事がほとんどです。

ところが、SA1650だけ、設定画面で無効に出来ない。
(SA1650がない!?)

そのままビルドすると、大量に警告が出ます。
警告 xxxx SA1650 : CSharp.Documentation : The documentation text within the summary tag contains incorrectly spelled words
というわけで、SA1650を無効にする為には、クラス属性を指定する必要があります。
[SuppressMessage("StyleCop.CSharp.DocumentationRules", "SA1650:ElementDocumentationMustBeSpelledCorrectly",Justification = "For Japanese support")]
class SampleClass
{ 
}

こんな感じで、初期設定は色々と面倒ですが、StyleCopを導入すると、
プロジェクトのメンバーそれぞれのプログラムに統一性が出て、
後々見直しても、プログラムの中身が理解し易いのでお勧めです。

※追記
今回使用していたのは、NuGetからインストールしたバージョン「4.7.46.0」ですが、
NuGetを使用せずに、本家サイトから直接インストーラーをダウンロードして、
インストールした「4.7.49.0」だと、SA1650は設定画面にも表示されました。

,

0 件のコメント:

コメントを投稿