2017年5月27日土曜日

AWS EC2 で Amazon Linux を使用する場合に最初にやること


オフィス狛 技術部です。

AWSでEC2インスタンスを立ち上げる度に、設定すべき事を忘れてしまうので、
備忘録の為にブログに残しておこうと思います。

「aws ec2 やる事」でググると、もっと細くやる事を記載している方も居るので、
しっかりやりたい方は、それらを参考にして下さい。

ここに記載するのは、本当に最低限の設定です。

何はともあれ yum update

まずは yum update です。
$ sudo yum update -y

タイムゾーンの変更

Amazon Linux はデフォルトのタイムスタンプが UTC になっているので、日本時間に変更します。
$ date
2017年  5月  20日 土曜日 02:33:43 UTC
$ sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ date
2017年  5月  20日 土曜日 11:35:33 JST

このままでは、サーバーの再起動を行うと UTC に戻ってしまうので、設定を変更します。
$ sudo vim /etc/sysconfig/clock

※「ZONE="UTC"」となっている部分を「ZONE="Asia/Tokyo"」に変更します。

ec2-user の 削除

ec2-user はデフォルトのユーザーなので、セキュリティ上、削除しておいた方が良いです。
(もちろん変わりのユーザーも作成します。)

まずは、新規ユーザー(ofkomauser)を追加します。
$ sudo useradd ofkomauser

鍵などをec2-userからコピーし、権限設定を行います。
$ sudo cp -arp /home/ec2-user/.ssh /home/ofkomauser/
$ sudo chown -R ofkomauser /home/ofkomauser/.ssh

新しいユーザーのパスワードを設定します
$ sudo passwd ofkomauser

sudoersファイルを編集し、新しいユーザーで sudo が使えるようにします。
$ sudo visudo -f /etc/sudoers.d/cloud-init
※「ec2-user」の部分をコメント化、もしくは削除し、新しいユーザーを追加します。
#ec2-user ALL = NOPASSWD: ALL
ofkomauser ALL = NOPASSWD: ALL

# User rules for ec2-user
#ec2-user ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL

そして、最後に「ec2-user」を削除します。
$ sudo userdel -r ec2-user

以上が、最低限の設定になります。

EC2の用途によっては、もっと細かい設定は必要ですが、
それはまった追って記事にしようと思います。


,

1 件のコメント:

  1. Nice post, I bookmark your blog because I found very good information on your blog, Thanks for sharing more information. Regards aws openings in hyderabad.

    返信削除