2018年1月23日火曜日

Slack を RSS リーダーとして使う


オフィス狛 技術部です。

ここ最近、Macで使えるRSSリーダーを探していたのですが、
色々とツールが増えると面倒、という事で、
既に社内で使用している Slack を RSS リーダーとして使う事にしました。

1)アプリのインストール

まずは、SlackにRSSアプリをインストールします。
インストールはこちら(https://slack.com/apps/A0F81R7U7-rss)のアドレスから出来ます。


※弊社は言語設定が英語でSlackを使用しているので、上記のような画面になりますが、
日本語環境で使っている方は、日本語で表示されます。(以降の処理も同様です)

ここで「Install」を押すと、


こちらの画面になりますので、ここで「Add RSS integration」を押します。

次に、設定画面に遷移しますが、後で設定が可能なので、ここでは何もしないでおきます。

2)フィードの追加

次に、RSSリーダー用に適当なチャンネルを作ります。
(ちなみに、私はPrivate Channelにしています。 理由は後述。)

そして、作成したチャンネルで、
/feed subscribe blog.officekoma.co.jp/feeds/posts/default?alt=rss
とコマンド入力し、フィードを追加します。
blog.xxxxの部分は、購読したいブログ・サイト等のフィードURLを設定して下さい。
今回は、弊社のブログサイトを例として追加してみます。
コマンド実行後は以下のような表示になります。

3)登録してあるフィードの確認

追加したフィードは、
/feed list
とコマンド入力する事で、リストで確認することが出来ます。
コマンド実行後は以下のような表示になります。

4)フィードが更新された場合の見え方

さて、ブログが更新されるとどう見えるのか、
試しに弊社のブログを更新してみます。すると・・・
下図のようにSlackへ投稿されます。

5)フィードの削除

削除する場合ですが、先程リストで確認した「ID」を使用します。
/feed remove 296084938455
これで該当のフィードが削除されます。

削除したあとに、念のためリスト確認(「/feed list」)してみます。
ちゃんと消えていますね。

以上が、Slack を RSS リーダーとして使う方法です。

【補足】Slack RSS リーダー運用の仕方

まず気をつけないといけないのは、Slackを無料プランで使用している場合ですね。
RSS リーダーで大量に投稿していると、10,000制限に達して、
他のチャンネルのメッセージが埋もれてしまうので。

後は、情報の取捨選択ですね。RSSリーダーをPrivate Channelにしているのもそれが理由です。
テック系の有名な会社などのブログを登録していると、
有用な情報が取れつつも、雑談的な情報も受け取ってしまいます。(私は雑談も好きですが)
Public ChannelでRSSリーダーを運用してしまうと、
そういう通知も受け取る事になり、人によってはノイズになってしまいます。

と言うわけで、現状、共有したい情報があれば、その都度Public Channelへリンクコピーしています。
(Private Channelの投稿をPublic Channelへは共有出来ないので、リンクのコピーでやっています。)

以上です。しばらく運用してみて、もっと良い方法がないか模索します。


2018年1月14日日曜日

HighSierraでHomebrewのbrew install、brew updateに失敗する場合の対処


オフィス狛 技術部です。

High Sierra(macOS 10.13.2)を搭載したmacで、
久々に Homebrew の brew install を行なったらエラーになりました。
officekoma:~ hogehoge$ brew install python3
Error: /usr/local is not writable. You should change the ownership
and permissions of /usr/local back to your user account:
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local
似たような事が前にもありました。
※CocoaPodsでAbort trap: 6が発生した場合の対処方法。

先程のエラーメッセージに「sudo chown -R $(whoami) /usr/local」を実行するように記載があるのでやってみます。
officekoma:~ hogehoge$ sudo chown -R $(whoami) /usr/local
Password:
chown: /usr/local: Operation not permitted
・・・・ダメでした。

こういう時は、再インストールした方が早いです。下記のコマンドでインストールを行います。
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
※詳細は本家サイトもご覧ください。

インストール出来たら、brewを試してみます。
officekoma:~ hogehoge$ brew install python3
(中略)
officekoma:~ hogehoge$ which python3
/usr/local/bin/python3
officekoma:~ hogehoge$ python3 --version
Python 3.6.4
うまく行きました。

macOSのアップデート後に、久しく使っていないツールを使うと、今回のような事が発生しやすいですね。

,

2018年1月6日土曜日

PHP7 における date.timezone の設定について


オフィス狛 技術部です。

今更感はあるのですが、PHP7から変わった事の内、
date.timezone の設定について記載しようと思います。

以前、『PHPで Fatal error: Uncaught exception 'ErrorException' with message date() が発生した場合の対処方法』
という記事を書いたのですが、
PHP7から、タイムゾーンが指定されていない場合でもエラーにならないようになりました。

お手軽に実行できるのがPHPの良さであると思うので、
デフォルト設定でエラーになるのはちょっと嫌ですよね。
そういう意味だと、良い変更だと思うのですが、日本だと大抵「Asia/Tokyo」なので、
結局設定する事になりますね・・・・。(逆に忘れそう)

新年一発目なので、軽い記事にしました。今年も宜しくお願い致します。