2018年1月14日日曜日

HighSierraでHomebrewのbrew install、brew updateに失敗する場合の対処


オフィス狛 技術部です。

High Sierra(macOS 10.13.2)を搭載したmacで、
久々に Homebrew の brew install を行なったらエラーになりました。
officekoma:~ hogehoge$ brew install python3
Error: /usr/local is not writable. You should change the ownership
and permissions of /usr/local back to your user account:
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local
似たような事が前にもありました。
※CocoaPodsでAbort trap: 6が発生した場合の対処方法。

先程のエラーメッセージに「sudo chown -R $(whoami) /usr/local」を実行するように記載があるのでやってみます。
officekoma:~ hogehoge$ sudo chown -R $(whoami) /usr/local
Password:
chown: /usr/local: Operation not permitted
・・・・ダメでした。

こういう時は、再インストールした方が早いです。下記のコマンドでインストールを行います。
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
※詳細は本家サイトもご覧ください。

インストール出来たら、brewを試してみます。
officekoma:~ hogehoge$ brew install python3
(中略)
officekoma:~ hogehoge$ which python3
/usr/local/bin/python3
officekoma:~ hogehoge$ python3 --version
Python 3.6.4
うまく行きました。

macOSのアップデート後に、久しく使っていないツールを使うと、今回のような事が発生しやすいですね。

,

2018年1月6日土曜日

PHP7 における date.timezone の設定について


オフィス狛 技術部です。

今更感はあるのですが、PHP7から変わった事の内、
date.timezone の設定について記載しようと思います。

以前、『PHPで Fatal error: Uncaught exception 'ErrorException' with message date() が発生した場合の対処方法』
という記事を書いたのですが、
PHP7から、タイムゾーンが指定されていない場合でもエラーにならないようになりました。

お手軽に実行できるのがPHPの良さであると思うので、
デフォルト設定でエラーになるのはちょっと嫌ですよね。
そういう意味だと、良い変更だと思うのですが、日本だと大抵「Asia/Tokyo」なので、
結局設定する事になりますね・・・・。(逆に忘れそう)

新年一発目なので、軽い記事にしました。今年も宜しくお願い致します。