2018年9月3日月曜日

Illustratorでカラーバリエーションのあるようなアイコンやイラストをできるだけ楽に作る。


こんにちは、オフィス狛デザイン部のSatoです。

今回はカラーバリエーションのあるようなアイコンをできるだけ楽に作る方法をご紹介したいと思います。
アプリ内の画像などを作っている時に背景色によってアイコンの色が変わったり、状態によってアイコンカラーが変わったりするときの画像がすこーし簡単に作れるようになります。


Illustratorで描いたイラストです。
パーツが少し多いのでもうちょっと一部の色を明るくしたいなと思ったり、カラーバリエーションのある画像が欲しいと思うとちょっと大変ですよね。
こういう時に使える機能が「オブジェクトを再配色」機能です。


まず色を変えたいオブジェクト全体を選択し、Illustratorメニューバーの「編集」の「カラーの編集」から「オブジェクトを再配色」を選ぶかツールバーのオブジェクトを再配色アイコン」クリックします。

下のようなオブジェクトを再配色パレットが出てきます。

編集ボタンを押すと色相環のような画面になるので右下の「ハーモニーカラーをリンク」ボタンをクリックしておきます。(これをクリックするとまとめて色相や彩度が変わります)
色相環のような図の中の丸い色つきの丸を移動させると色相が変わるのでこれで一気に全体的な色が変えられます!

色を変えてみました。


一部だけ色が変えたい場合は「ハーモニーカラーをリンク」ボタンを押さずに変えたい部分の色のみの位置を動かしたり、指定画面(編集ボタンの横にある「指定」ボタンで画面が戻ります)から色を変えたりできます。

一部色を変えてみました。

簡単に絵のカラーパターンができました!

グラデーションで使われている色などもこの機能で変えられるので、カラーバリエーションのある画像がササッと数枚作れます。
使う機会が多そう&時短になる機能なので、ぜひ使ってみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿