2019年3月29日金曜日

Illustratorのワークスペースでの色と書き出した時の色が違う時はカラー設定のせいかもしれません。


こんにちは、オフィス狛 デザイン部のSatoです。

Illustratorで画像を書き出した時に「あれ?きちんとドキュメントのカラーモードをRGBに設定していたのにIllustrator上での色と書き出した時の色が違う……?」と思った経験がありませんか?
そんな時に見直すべきだなと思うのがカラー設定です。

Illustratorを使っている方ならだいたい知っている基礎的な話なのですが、新規ファイルを作成するとカラー設定が戻ってしまうバグで私自身焦ったので今後似たようなバグがあった時用に記載しておこうと思います。
https://forums.adobe.com/docs/DOC-9568←私の環境で起こった現象はこのバグに近いですがちょっと違うようでした)


Illustratorカラー設定を確認するにはまず、メニューバーの「編集」のカラー設定をクリックして出てくるカラー設定の設定セレクトボックスを「Web ・インターネット用-日本」に変更すればweb用に書き出した際の色で作業できるようになります!簡単!

初期設定である「Adobe Illustrator5.5をエミュート」に設定されてる場合のワークスペースと「Web ・インターネット用-日本」に設定されてる際のワークスペースの色の違いはこんな感じです。
「Adobe Illustrator5.5をエミュート」での見え方はなんだか薄いです。

ちなみにですが、私がカラー設定が「Adobe Illustrator5.5をエミュート」になっていると気づいたのは作業中のワークスペースの色がなんだかおかしいので色の校正を間違って設定したのかと思いメニューを確認したところ、「色の校正」が使えない状態になっており、調べたところカラー設定が「Adobe Illustrator5.5をエミュート」になっていると使えないという情報が出てきたからです。

調べたところ、数ヶ月前から起こっているバグなのに現在もまだ修正されていないようですね……。
もし色がおかしいな?と思ったら「カラー設定」を見直してみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿