2019年9月30日月曜日

node.jsでの日付時刻処理(moment.jsを使ってみる) その2


オフィス狛 技術部のJoeです。

前回、moment.jsを記事にしたのですが、一部機能しか紹介できなかったので、便利だなと思った機能を追加でご紹介します。

日付時刻の比較、差分、タイムゾーンの変換は、前回の記事を参照ください。
node.jsでの日付時刻処理(moment.jsを使ってみる)

※下記の例は、moment.jsのバージョン「2.22.2」で取得した結果になります。
バージョンにより、メソッド名やオブジェクト名などが異なる場合がありますので、ご注意ください。
公式ドキュメント

【フォーマット(format)】

// フォーマットを指定
console.log(moment('2019-08-28 01:05:07').format('YYYY年MM月DD日(ddd) HH時mm分ss秒'));  // 2019年08月28日(Wed) 01時05分07秒

// 曜日を日本語表示する場合、事前にロケールを設定します
moment.locale("ja");
console.log(moment('2019-08-28 01:05:07').format('YYYY年MM月DD日(ddd) HH時mm分ss秒'));  // 2019年08月28日(水) 01時05分07秒

// フォーマットを指定して、momentオブジェクトが作成可能です
const date1 = moment("2019年08月28日(水) 01時05分07秒", "YYYY年MM月DD日(ddd) HH時mm分ss秒");
console.log(moment(date1).format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2019/08/28(水) 01:05:07

// フォーマットが英語表記の場合は、事前にロケールを変更します
moment.locale("en");
const date2 = moment("Fri Aug 28 01:05:07 am 2019", "ddd MMM DD HH:mm:ss a YYYY");
console.log(moment(date2).format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2019/08/28(Wed) 01:05:07

【加減算(add、subtract)】

// 加算
console.log(moment('2019-08-30').add(2, 'days').format('YYYY年MM月DD日(ddd)'));  // 2019年09月01日(日)

// 減算
console.log(moment('2019-08-01').subtract(2, 'days').format('YYYY年MM月DD日(ddd)'));  // 2019年07月30日(火)

// 加減算する値は、オブジェクトで指定可能です(x年xヶ月x日後など)
console.log(moment('2019-08-30').add({year :2, month :3, day :5}}).format('YYYY年MM月DD日(ddd)'));  // 2021年12月05日(日)

【開始・終了(startOf、endOf)】

// 年の開始の日
console.log(moment('2019-09-04').startOf('year').format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2019/01/01(火) 00:00:00

// 週の最後の日
console.log(moment('2019-09-04').endOf('week').format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2019/09/07(土) 23:59:59

【月の日数(daysInMonth)】

// 月の日数
console.log(moment("2020-02", "YYYY-MM").daysInMonth()) // 29

// 月末の日を取得しても同じです
console.log(moment("2020-02", "YYYY-MM").endOf('month').get('date'));  // 29

【期間内判定(isBetween)】

// 期間内の場合、trueを返します(デフォルトでは、指定した開始、終了と一致する場合、falseを返します)
console.log(moment('2019-10-19').isBetween('2019-10-19', '2019-10-25'));  // false
console.log(moment('2019-10-20').isBetween('2019-10-19', '2019-10-25'));  // true
console.log(moment('2019-10-25').isBetween('2019-10-19', '2019-10-25'));  // false

// 第3パラメータで判定基準(年、月など)を指定できます
console.log(moment('2019-10-20').isBetween('2019-09-19', '2020-11-25', 'month'));  // true
console.log(moment('2019-10-20').isBetween('2019-09-19', '2020-11-25', 'year'));  // false

// 第4パラメータで、指定した開始、終了を含む「[]」、含まない「()」を指定できます
console.log(moment('2019-10-19').isBetween('2019-10-19', '2019-11-25', null, '[]'));  // true
console.log(moment('2019-10-19').isBetween('2019-10-19', '2019-11-25', null, '(]'));  // false

【うるう年判定(isLeapYear)】

// うるう年の場合、trueを返します
console.log(moment("2020", "YYYY").isLeapYear());  // true
console.log(moment("2019", "YYYY").isLeapYear());  // false

【オブジェクトのコピー(clone)】

// 値渡しでコピーされます(参照渡しではないです)
const date1 = moment('2019-08-28 01:05:07');
const date2 = date1.clone();
// コピー元を更新
console.log(date1.year(2020).format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2020/08/28(Fri) 01:05:07
// コピー先は変更されない
console.log(date2.format('YYYY/MM/DD(ddd) HH:mm:ss'));  // 2019/08/28(Wed) 01:05:07

【ロケールをカスタマイズする】

ロケールを新たに定義して、カスタマイズすることが可能です。
// ロケール「ja」を継承して新規ロケール「my_ja」を定義
moment.defineLocale('my_ja', {
  parentLocale: 'ja',
});

// 定義を更新
moment.updateLocale('my_ja', {
  // 月(MMMM:1月、2月・・・)の定義を旧暦の月で更新
  months : ["睦月", "如月", "弥生", "卯月", "皐月", "水無月", "文月", "葉月", "長月", "神無月", "霜月", "師走"],
  // 週の最初を月曜日に更新
  week : { dow: 1 }
});

// 「my_ja」にロケールを変更
moment.locale("my_ja");

// 9月を旧暦で、周の最初を表示
console.log(moment('2019-09-04').startOf('week').format('YYYY年 MMMM DD日(ddd)'));  // 2019年 長月 02日(月)

// 2番目の引数としてnullを渡すと、定義したロケールを削除します
moment.updateLocale('my_ja', null);


日付時刻処理のライブラリは他に「dayjs」、「date-fns」、「luxon」などありますが、
「moment」は一番人気のライブラリなので、ぜひ使ってみてください。

,

0 件のコメント:

コメントを投稿