2019年12月18日水曜日

zshでプロンプトをコマンドの実行結果によって変更する方法。


オフィス狛 技術部のmmm(むー)です。

TL; DR

zsh(oh-my-zsh)をインストールして、下記のようにプロンプト(➜ 😶/ ➜ 🙃🙃🙃)をコマンドの実行結果によって変更する設定を説明します。さよなら、bash。
※特に意味はありませんが、あえて良い点をあげるとローカルとリモートの区別が簡単につきます。
【環境】
MacOS Mojava
バージョン 10.14.5

【ターミナルアプリ】
iTerm2
https://www.iterm2.com/
※これは好みの問題なので、Macのデフォルトのターミナルでも問題ありません。

1. Homebrewのインストール

Homebrewをインストールします。
(HomebrewとはMac専用のパッケージマネージャーで、インストールしておくと便利です。)
➜ 😶/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールできていることの確認
➜ 😶brew -v
Homebrew 2.2.1
Homebrew/homebrew-core (git revision 0105; last commit 2019-12-10)

参考)Homebrew
https://brew.sh/index_ja

2.zshのインストール

zshをインストールします。
➜ 😶brew install zsh zsh-completions

インストールできていることの確認
➜ 😶zsh --version
zsh --version
zsh 5.7.1 (x86_64-apple-darwin18.2.0)

3.oh-my-zshのインストール

oh-my-zshとは、zshのフレームワークです。
➜ 😶sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"

参考)of-my-zsh
https://github.com/ohmyzsh/ohmyzsh

oh-my-zshにはたくさんのカラーテーマが用意されています。
テーマ等修正したい場合、~/.zshrcを修正すると適用されます。
robbyrussellはデフォルトのテーマで私はデフォルトのままにしています。
➜ 😶vi ~/.zshrc

~省略~
# Set name of the theme to load --- if set to "random", it will
# load a random theme each time oh-my-zsh is loaded, in which case,
# to know which specific one was loaded, run: echo $RANDOM_THEME
# See https://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/wiki/Themes
ZSH_THEME="robbyrussell" #ここを変更する
~省略~

参考)oh-my-zshカラーテーマ一覧
https://github.com/ohmyzsh/ohmyzsh/wiki/Themes

4.プロンプトの修正

現在使用しているzshのテーマを確認。
先ほど変更したものは変更したものに、変更していない人はrobbyrussellが表示されます。
➜ 😶echo $ZSH_THEME
 robbyrussell

自分が使用しているカラーテーマの対象のファイルを修正します。
※変更後は適用を反映するため、ターミナルを起動しなおしましょう。
➜ 😶vi ~/.oh-my-zsh/themes/robbyrussell.zsh-theme

 PROMPT="%(?:%{$fg_bold[green]%}➜ 😶:%{$fg_bold[red]%}➜ 🙃🙃🙃 )"  #ここが基本のプロンプト
 PROMPT+=' %{$fg[cyan]%}%c%{$reset_color%} $(git_prompt_info)'
 
 ZSH_THEME_GIT_PROMPT_PREFIX="%{$fg_bold[blue]%}git:(%{$fg[red]%}"
 ZSH_THEME_GIT_PROMPT_SUFFIX="%{$reset_color%} "
 ZSH_THEME_GIT_PROMPT_DIRTY="%{$fg[blue]%}) %{$fg[yellow]%}✗"
 ZSH_THEME_GIT_PROMPT_CLEAN="%{$fg[blue]%})"

🍭~/.oh-my-zsh/themes/robbyrussell.zsh-themeファイルの設定の補足
※ここは読まなくても、設定は完了しています。

%(?:%{$fg_bold[green]%}➜ 😶:%{$fg_bold[red]%}➜ 🙃🙃🙃 )」の部分ですが
 %(?:true:false)なので、下記のようになります。

成功した場合「%{$fg_bold[green]%}➜ 😶
echo $?の結果が0 (直前の処理が成功)

失敗した場合「%{$fg_bold[red]%}➜ 🙃🙃🙃
false:echo $?の結果が0以外 (直前の処理が失敗)

$?で終了ステータス(直前のコマンド実行結果)を取得することができます。
0が成功。1は失敗の意味です。
(コマンドによっては、上記ルールに適していないものもあります。例えば、diffは差分がない場合0、差分が有れば1、失敗すると2です...)
# 直前の処理が成功
➜ 😶ls test.txt
test.txt
➜ 😶echo $?
0

# 直前の処理が失敗
➜ 😶ls a
ls: a: No such file or directory
➜ 🙃🙃🙃echo $?
1

残りの箇所ですが、文字の色を変更しています。
 %{$fg_bold[green]%}:文字の色を緑に
 %{$fg_bold[red]%}:文字の色を赤に

最後の補足が長くなってしまいましたが、以上となります。
オリジナルのプロンプトをぜひ作成してみてください。

,

0 件のコメント:

コメントを投稿