2019年10月31日木曜日

Windows ServerでApacheを2.4.41へアップデートする。


オフィス狛 技術部のJoeです。

数か月前になりますが、Apache HTTP Web Server 2.4系における複数の脆弱性に対応した Apache HTTP Web Server 2.4.41 が公開されました。
https://www.apachelounge.com/

担当したプロジェクトのWindows Serverがアップデート要のバージョンであったため、Apacheのアップデートを行ったのですが、「インストーラーをダウンロードして実行」のように簡単にはいかなかったので、備忘も兼ねて記事にしてみました。

アップデートを実施した環境は以下になります。
※OSやバージョンにより手順が異なる場合があるのでご注意ください。
OS:Windows Server 2012 R2
Apache:2.4.29 → 2.4.41

Apacheのアップデート

①Apacheのダウンロード

下記サイトよりダウンロードします。
https://www.apachelounge.com/

[手順]
左のメニューから「Downloads」を選択
→ ビルドバージョン(VCxx、VSxx など)を選択
→ 対象のApacheバージョンを選択してダウンロード

※ビルドバージョンの「VCxx、VSxx」は、ビルドされたVisual Studioのバージョンになるので、ご利用の環境により選択してください。
・VC14:Visual Studio C++ 2015
・VC15:Visual Studio C++ 2017
・VS16:Visual Studio C++ 2019

②アップデート前Apacheバックアップ

アップデート前の「Apache24」フォルダを別の場所へバックアップしておきます。
※アップデート後に、ソースや設定ファイル等を移行します

③コマンドプロンプト起動(管理者)

コマンドプロンプトを管理者として実行します。

④Apacheアンインストール

コマンドプロンプトで下記のコマンドを入力し、Apacheを停止してアンインストールします。
cd [Apacheのインストール先フォルダ]\bin
httpd -k shutdown
httpd -k uninstall

⑤Apacheフォルダ配置

上記①でダウンロードしたファイルを解凍した新しいバージョンの「Apache24」フォルダを、Apacheのインストール先フォルダに配置します。(旧バージョンのフォルダはバックアップしているので、私はこのタイミングで削除しました)

⑥インストール

コマンドプロンプトで下記のコマンドを入力し、Apacheをインストールします。
cd [Apacheのインストール先フォルダ]\bin
httpd -k install

⑦設定ファイル反映

ソースや設定ファイルを、アップデート後の「Apache24」フォルダに移行します。

⑧Apacheスタート

コマンドプロンプトで下記のコマンドを入力し、Apacheをスタートします。
cd [Apacheのインストール先フォルダ]\bin
httpd -k start

⑨バージョン確認

コマンドプロンプトで下記のコマンドを入力し、Apacheをスタートします。
cd [Apacheのインストール先フォルダ]\bin
httpd -v
以下のように出力され、正しくアップデートされました。
C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache24\bin>httpd -v
Server version: Apache/2.4.41 (Win64)
Apache Lounge VC14 Server built:   Aug 12 2019 10:48:01

⑩サービスの設定を確認

Apacheの自動起動などを設定している場合は、念のためサービスで設定を確認しておきます。


以上でアップデートが完了になります。

,

0 件のコメント:

コメントを投稿