2019年11月29日金曜日

「コンテンツに応じた塗りつぶし」で写真の不要なものを消す。


こんにちは、オフィス狛 デザイン部のSatoです。

今回はPhotoshopCC2019から機能が強化された「コンテンツに応じた塗りつぶし」という機能を使って写真から不要なものを消す方法をご紹介しようと思います。
この機能を使うとあのAdobe Senseiが数分で遠目で見る分には問題ないくらいに自然に選択した部分の中身を近くの部分そっくりにしてくれます。

https://unsplash.com/photos/Osd4ngHD4kM
↑今回はこの写真から中央に立っている人物を消してみます。
とっても綺麗な写真ですが今は無人の廃墟の写真が欲しいので女の子にはどいてもらいましょう……。


まず、消したいものを選択していきます。
精密に消したい方は自動選択ツールなどがいいかと思いますが、今回はなげなわツールでざっくり選択しました。


選択後、Photoshopメニューバーの「編集」の「コンテンツに応じた塗りつぶし」をクリックします。


コンテンツに応じた塗りつぶしツールのワークスペースが表示されます。
左が編集画面、右がプレビュー画面です。


緑になっている部分はサンプリングされる(人工知能が参考にする)部分です。
右上のサンプリングブラシツールを使って緑の部分を微調整していきます。
サンプリング箇所の拡張と削除のブラシの切り替えは上部のサンプリングブラシツールのオプションの+と-のアイコンでも切り替えできます。またOptionかAltキーを押しっぱなしにしても切り替えができます。

消したい選択範囲を広げたい場合なげわツールで追加しましょう。


プレビュー画面で確認しつつ、いい感じになったら右下にあるOKボタンを押すと通常のワークスペース画面に戻り、(右にある出力先設定の値が初期設定の「新規レイヤー」になっている場合)修正した部分の新しいレイヤーができています。


違和感があまりなく人物が消えましたね!
しかし拡大しよく見ると、木と石が合体したような瓦礫などができあがってしまっていたり少し違和感があります。
拡大すると意外と気になりますね…。
このような気になる部分はコピースタンプツールで微調整をします。
全体的に見ると少し違いが分かりづらいので比較画像にまとめてみました。

この方法で修正した後の画像がこちらです。
遠目だと分かりずらいですが、比較画像の通り変になっている部分と人物の影をコピースタンプツールで消しました。
拡大しても大丈夫なくらいに違和感が減りました!
「コンテンツに応じた塗りつぶし」のみで完璧なものができる訳ではなさそうですが、コピースタンプツールやパッチツールで修正するよりもかなり手早く「遠目で見ると違和感ないレベルまで」修正できて感激です。

他の空の写真と組み合わせて夕暮れの写真を作ってみました。
この写真の空の部分のみトリミングし使いました。
色々と細かい調整が大変で人物を消す+微調整の10倍以上の時間がかかってしまいました。
つまり「コンテンツに応じた塗りつぶし機能」は本当に素早く人物を消すことができます!
コピースタンプツールで人や邪魔なものをチマチマ……消さなくていいのは本当にありがたいですね……。

Adobeのマニュアルに「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能の詳しい使い方が書いてあるのでそちらもチェックしてみてください。


今回のブログ記事に使用した写真は全てUnsplashというフォトストックサイトのものを使わせていただきました。
Unsplashに掲載されている写真は無料かつクレジット不要で写真加工や商業利用可なのでデザイナー的に非常にありがたいサイトです。
More precisely, Unsplash grants you an irrevocable, nonexclusive, worldwide copyright license to
download, copy, modify, distribute, perform, and use photos from Unsplash for free, including for
commercial purposes, without permission from or attributing the photographer or Unsplash.
This license does not include the right to compile photos from Unsplash to replicate a similar or competing service.

Licenseページより引用
上記の通り利用規約が非常に緩い+Unsplash APIというなにやら便利なものもあるらしいのでTrelloなどのwebサービスも写真をよく使っているようです。
今回使用した写真含め、とても綺麗な写真が多いので見ているだけでも楽しいサイトですので、ぜひ活用してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿