2019年5月29日水曜日

Amazon ConnectとLambdaで電話をかける ②IAMでロールを作成


こんにちは、オフィス狛 モバイル開発担当 Aika-yuy です。
今回の投稿は、 AmazonConnectとLambdaで任意の番号に電話をかける方法をご紹介します。









AmazonConnectはコールセンターをメインとして、簡易に作成できるというものなので、
受電する記事をよく見かけますが、架電方法の記事は少なかったので記事にしました。




難しそうに見えますが、簡単で短時間で作成できますので試してみてください。
こちらの4ステップで紹介していきます。

①Amazon Connectで電話番号、お問い合わせフローの作成
②IAMでロールを作成← 今回はこちら
③Lambda関数の作成
④実行!!


②IAMでロールを作成

Lambda関数から、Connectを呼ぶ際に、権限を設定する必要があります。
設定するのは、下記の2つです。
・StartOutboundVoiceContact(電話をかける権限)
・StopContact(電話を切る権限)
IAM→ロール→ロール作成→
Lambdaを選択→次のステップにアクセス→
ポリシーの作成→サービスでConnect選択→StartOutboundVoiceContact、StopContact選択→
全てのリソースにチェック→ポリシーの確認→
名前を入力→ポリシーの作成→完成!!!


意外と簡単に作成できましたね。

次回は③Lambda関数の作成を書いていきます。


,

0 件のコメント:

コメントを投稿