2019年7月5日金曜日

Amazon ConnectとLambdaで電話をかける ③Lambda関数の作成と、④実行


こんにちは、オフィス狛 モバイル開発担当 Aika-yuy です。
今回の投稿は、 AmazonConnectとLambdaで任意の番号に電話をかける方法をご紹介します。









AmazonConnectはコールセンターをメインとして、簡易に作成できるというものなので、
受電する記事をよく見かけますが、架電方法の記事は少なかったので記事にしました。




難しそうに見えますが、簡単で短時間で作成できますので試してみてください。
こちらの4ステップで紹介していきます。

①Amazon Connectで電話番号、お問い合わせフローの作成
②IAMでロールを作成
③Lambda関数の作成← 今回はこちら
④実行!!← 今回はこちら

 

③Lambda関数の作成

今回はいよいよ、Lambda関数からスマフォに電話をかけてみます! とっても簡単なので、あと少し頑張りましょう。

〜必要なもの〜

1、①で作成した電話番号
2、①で作成したお問い合わせフローのインスタンスID、リージョン名、コンタクトフローID
3、②で作成した、ロール
4、任意の電話番号


AWSにログイン後、Lambdaを選択します。
ページ遷移後、関数の作成ボタンを押してください。
下の画像のように入力選択していきます。
1.関数名に任意の関数名をつけてください。
2.実行ロールを既存のロールを使用するを選択してください。
3.②IAMでロールを作成で、作成したロールを選択してください。
※作成したロールがすぐに反映されないことがあるので、作成したロールが見つからない場合は少し時間をおいてからもう一度試してみてください。
4.関数を作成ボタンを押す

それではいよいよ関数を作っていきましょう!

exports.handler = (event) => {
     
    // import entire SDK
    var AWS = require('aws-sdk');
 
    var connect;
    // create amazon connect object
    // ①で作成したお問い合わせフローのリージョン名を入力してください。
    connect = new AWS.Connect({apiVersion: '2017-08-08', region:"ap-northeast-1"});
 
    // create API request parameter
    var params = {
      // ①で作成したお問い合わせフローのコンタクトフローID
      ContactFlowId: "XXXXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX",
      // 今回かける先の電話番号
      DestinationPhoneNumber: "XXXXXXXXXXXXXX",
      // ①で作成したお問い合わせフローのインスタンスID
      InstanceId: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
      // かける元の電話番号(作成した電話番号)
      SourcePhoneNumber: "+8XXXXXXXXXXX"
    };
  
  // call API with parameter
  console.log("開始!!");
  var calling = connect.startOutboundVoiceContact(params, function(err, data) {
    if (err) {
      console.log(err);
    } else {
      console.log("終了!!電話を切る");
    }
  });
  return calling;
};


これで完成です!

④実行!!

それではいよいよ電話をかけてみます。
Lambdaのページの一番上、右にあるテストボタンを押してください。

任意の電話番号に、電話がかかれば成功です。

意外と簡単に作成できましたね。
アレクサから電話したり色々できそうで、夢が広がりますね。
次回はアプリ(ios)から電話をかけるをやっていきます。

, , ,

0 件のコメント:

コメントを投稿